社交不安障害

社交不安障害の症状

人前では常に、または特定の状況で「手足の震え」「異常な発汗」「動悸」「赤面」「悪心」「尿意頻回」などの症状が現れます。

そして「周りから変に思われるのではないか」という不安が強まります。

そうなるとこのような状況がまた現れるのではないかという不安「予期不安」にさいなまれ、次第に症状が現れた状況や行為を可能な限り避けるようになります。
これを「回避行動」といいます。

このような苦痛な症状が続くため、学生であれば進学や卒業が困難になることもありますし、社会人では仕事に行くのが非常に苦痛になります。主婦であれば地域の交流も避けてしまいます。長引くことでうつ状態に至ることもまれではありません。 


代表的なものでいえば、以下の症状があげられます。

スピーチ恐怖

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
人前でスピーチをする際、緊張のあまり頭が真っ白になったり、声が震えたりして強いプレッシャーを感じます。
人前に立つ機会が増えた人にあらわれやすく、他の状況ではあまり不安を感じない人が多いのも特徴です。

赤面恐怖

人前に出ると緊張感が高まり、顔が赤くなる。
人前や異性の前などの特定の場面で緊張し顔が赤くなることを恐れて、そのような場面を過剰に意識したり、人が集まる場所を避けてしまうタイプです。 
人前に出ると緊張感が高まり、顔が赤くなる。
人前や異性の前などの特定の場面で緊張し顔が赤くなることを恐れて、そのような場面を過剰に意識したり、人が集まる場所を避けてしまうタイプです。 

電話恐怖

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
周囲に人がいるなかで電話を取ったり掛けたりするとき、強い緊張を感じて、言葉が出なくなったり、不安になったりするタイプです。
会社職員の女性に多く、電話の相手や周囲の人達からどう思われたかを気にする傾向があります。 

会食恐怖

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
食べているところを他人に見られると緊張して食べられなかったり、自分の立てる音が気になってのどが詰まってしまったり、人前で食事をすることを極端に恐れるタイプです。 

視線恐怖

人と目を合わせることが怖く、「見られている感じ」が常にしてしまうような他人の視線が怖いタイプと、自分の視線が相手を不快にさせてしまうことを恐れるタイプがあります。
前者が重症になり妄想的になると、別の病気(統合失調症など)の可能性も。 
人と目を合わせることが怖く、「見られている感じ」が常にしてしまうような他人の視線が怖いタイプと、自分の視線が相手を不快にさせてしまうことを恐れるタイプがあります。
前者が重症になり妄想的になると、別の病気(統合失調症など)の可能性も。 

書 痙

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
人前で文字を書こうとすると、緊張と不安により手が震える。
人前で字を書こうとすると緊張してしまい、手が震えて書くことがむずかしくなるタイプ。
人から変に思われるのではないかと思うと、ますます震えたり書けなくなったりしてしまいます。 

振戦恐怖

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
職場で来客にお茶を出そうとすると、手が震えてしまう。
上司にチェックされているとパソコンを打ち込む手が震えて、ますます緊張する。
このように人と接する場面で、手や足など体が震えてしまい、そうした場面が怖くなるタイプです。 

発汗恐怖

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
緊張により発汗し、ハンカチなどを持たないと落ち着かない。
人から話しかけられると、緊張してぐっしょりと汗をかく、仕事で接客をしていると、額からポタポタと流れるほど汗をかき、タオルが手放せないなど、人と接する恐怖や緊張のあまり、大量の発汗をするタイプです。