社交不安障害

社交不安障害のセルフチェック

社交不安障害は、緊張の度合いやその場の状況により、症状が異なり、判断が難しいところがあります。

社交不安障害になっているにもかかわらず、自分の身体に何が起きているのか、また、どうすればいいのかわからず、不安を抱きながら生活している人が少なくありません。

気のもちようだからと、放置していて、うつ病などを併発することもあります。

こうした不幸な状況に陥ることなく、適切な治療を受けるためには、ある程度の社交不安障害に関する知識を持っている必要があります。

セルフチェックをおこなって、該当している項目があれば、医療機関を受診してみましょう。
人前で何か話して恥をかいてしまうのではないかという強い恐怖感がある。
過ちをおかしてしまうことや、誰かに見られ、評価されることがとても怖い。
何かしたり人にしゃべりたくても恥をかいてしまうことが怖くてそれができない。
 人と会う前に何日も何週間も悩む。
 知らない人と一緒にいる時またはそのような前に吐き気がしたり、震えたり、冷や汗をかいたり顔が赤くなったりする。
学校行事や人前で話すような社会的状況など、人の集まる場を避けることが多い。
これらの恐怖を追い払うためにしばしばアルコールを摂る。
※クリックするとpdfがひらきます。

印刷していただいて、チェック後、クリニックにお持ちいただくと、
スムーズに診察を受けていただけます。
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト