社交不安障害

社交不安障害の治療法

社交不安障害は、10人に1人が悩んでいる珍しくない病気です。

お薬などの適切な治療で症状は改善し、仕事や日常生活がとても楽になります。

治療には薬物療法と心理療法があり、両方組み合わせるとより治療効果が高まります。

薬物療法

薬物療法により、不安や恐怖といった精神症状と、震え・発汗・動悸等の身体的症状を起こしにくくします。
社交不安障害に対する薬物療法としては、主に脳内伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンを調節する抗うつ薬や、抗不安薬、一部の降圧薬(β遮断薬)などが使われます。

治療ガイドラインではSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が第一選択薬となっています。海外では一部のSNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬も第一選択となっています。これらのお薬でセロトニンの量を調整すると必要以上の不安や恐怖感が取り除かれます。

これらの薬のほかに必要に応じて、ベンゾジアゼピン系抗不安薬やβ遮断薬が使われます。
お薬の飲み方、止め方など、詳しいことは主治医に相談するようにしましょう。

心理療法

心理療法では、よく用いられるものとしては暴露療法があります。
あえて不安や恐怖を感じる場面を体験し、不安が少ない場面から段階的に慣れることによって、回避行動や症状を軽減させます。
 上記の薬物療法と心理療法を組み合わせることで、再発の少ない治療効果が得られると言われています。
認知修正法 自分の行為が周囲の人に不信感を持たれているのかを再考し、実際に確認することで不安や恐怖を解消する。
段階的暴露療法 あえて不安や恐怖を感じる状況を体験し、段階的に慣れることによって、回避行動を軽減する。
社会技術訓練 社交的な場面での対人方法を学び、不安や恐怖を軽減する。
不安対処訓練 不安や恐怖による過呼吸を防ぐための呼吸法や、緊張感をやわらげるためのリラクゼーション法を学ぶ。
集団認知行動療法 大勢の前で普段回避している行動をとる。それが客観的にどのように見えたかを話し合い、不安や恐怖を解消する。

個人に合わせた治療

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
上記の症状の他にも気になる症状があらわれた場合には、心療内科などの専門医にご相談ください。
長所 テキスト
短所 テキスト
副作用 テキスト