社交不安障害

社交不安障害とは

社交不安障害(SAD: Social Anxiety Disorder)とは、人前での緊張感や不安、恐怖が高まり、そのような状況を避けてしまうようになる障害です。
社会恐怖、あがり症とも呼ばれています。

人前では常に不安、恐怖を感じる場合(全般性)と、ある特定の状況・場面のみ症状が出現する場合(パフォーマンス限局型)があります。

特定の状況とは、人前でのスピーチ、書字、電話、会食などがあります。
しかし、緊張は誰にでもあることです。ですが大勢の人に向けてスピーチなどをするといった特殊な状況でなくても、慣れない数人と世間話をするだけでも呼吸が荒くなったり動悸がしたり、手が震えて電話の応対がいつもどおりできなくなったり、外を歩くだけでも他人の視線が気になり外出を苦痛に感じたり、、、など日常生活や仕事に支障をきたす場合は症状として考える必要があります。

社交不安障害は、放っておくとうつ病などの引き金になることがしばしばあります。

思い当たることがあれば心療内科や精神科を受診してみましょう。

社交不安障害の原因

社交不安障害の原因は、脳内の神経の信号を伝える物質であるセロトニン(※)などのバランスが乱れたり、恐怖や不安の信号を出す脳内の偏桃体とよばれる部位が過剰に反応していることが原因と言われています。
※セロトニン・・・恐怖や不安を和らげる作用がある神経伝達物質
● 生活習慣から受ける様々な過度のストレス
● うつ病やアルコール依存症などの家系からくる因果関係
● 体質、生活環境によるもの
● 完璧を求める神経質傾向の性格
● 過去における失敗や恐怖体験
● パニック時の症状経験による再発の恐れ
※原因は人によって様々です。個々が心に深く負った体験が恐怖を感じる記憶になり、パニック障害の原因に繋がっているといえます。

社交不安障害になりやすい人

疫学的には社交不安障害は全般性の場合は幼少期、限局型は20代半ばに発症することが多いと言われています。

また女性に多く、遺伝も関与しているようです。